大阪市の眼科疲労の鍼灸治療は大阪市天王寺区のまり鍼灸院|女性鍼灸師で安心

menu

眼精疲労

眼精疲労・眼疾患(緑内障・白内障)[西洋医学的分類]

「目が疲れる・ぼやける・かすむ」「目が痛い・充血する」「目が重い・しょぼしょぼする・眩しい」「涙が出る」といった症状は、多くの方が日々経験する事だと思われます。
一般的に「眼精疲労」とは、眼を使う仕事をするとき、普通の人では疲れない仕事でも容易に眼が疲れて痛くなり、頭痛、肩こり、吐き気等を起こす状態をいいます。
眼精疲労を放置しておくと眼疾患に繋がることもあるので注意が必要です。

(参考文献:医学書院 系統看護学講座)

眼の構造

眼の構造

眼精疲労の原因は大きく分けて5つ

  1. 調節性眼精疲労
    屈折異常や調節異常によりおこる。
  2. 筋性眼精疲労
    眼筋に異常がある場合におこる。
  3. 症候性眼精疲労
    緑内障、白内障などの眼疾患によりおこる。
  4. 不等像性眼精疲労
    両眼の網膜にうつる像の大きさや形が異なることを不等像視といい、これによりおこる眼精疲労をいう。
  5. 神経性眼精疲労
    眼には異常がなく、全身の衰弱・精神的疲労でおこる。

緑内障の症状

眼圧(眼球の内圧)が上昇し、視神経が圧迫されて視野が狭くなっていく病気です。一般的にはほとんど自覚症状がありません。しかし、治療せずにいると、失明することもあります。

緑内障の種類
1.正常眼圧緑内障

眼圧が正常範囲(10~21mmHg)だが視神経が障害されることで視野狭窄がおきます。日本人の緑内障の約6割を占めます。

2.原発開放隅角緑内障

まず隅角(ぐうかく)とは、眼内を流れる水(=房水)の出口周辺部を言います。この出口が代謝障害等により房水を排出する事ができなくなると、眼圧は上昇し眼内の圧力を一定に保つことができなくなります。その為、視神経に影響を及ぼし視野狭窄房を引き起こします。

3.原発閉塞隅角緑内障

隅角が狭くなり、房水の流れが止まることで房水に押された虹彩が更に房水の出口をふさぎます。逆流した房水が眼圧を上昇させ、視神経に影響することで視野狭窄房を引き起こします。

開放隅角緑内障/閉塞隅角緑内障

白内障の症状

白内障は、水晶体が混濁した状態をいいます。一番多い白内障の初期症状は、光がまぶしい、物がかすんで見えるという事です。水晶体が混濁する部位にもよりますが症状が進行すると光が良く通らなくなり、視力の低下へとつながっていきます。

白内障

(参考資料:医療法人 秀明会)

[東洋医学的分類]

東洋医学的分類

中医学では「肝は目に開竅する」という言葉があります。これは目と肝に密接な関係があることを示します。肝は体の各器官に気・血・津液がすみずみまで流れるよう、量や配分を調節しています。このことを東洋医学では疏泄機能といいます。また肝の疏泄機能は、精神活動にも影響し、疏泄が正常であれば、気機は正常に活動し、気血は調和し明るくのびやかな気持ちなります。しかし、疏泄の亢進・低下が生じると気・血・津液の運行も加速・減速してしまいます。減速すると気の流れが動きにくくなり、鬱滞した気は摩擦をおこすと熱を発生します。このことを「化火」と言います。

そこでタイプ別に症状を分けると、肝陽亢進(=疏泄亢進)では、頭痛・顔面紅潮と眼症状では、充血等を生じやすくなります。旺盛になった肝陽を沈める事でこの症状は調整をしていきます。

肝気うっ滞(=疏泄低下)では、ストレス等による情志の失調で疏泄機能が低下し、気が身体のすみずみまで流れなくなる事で滞りが生じ、目まで肝血を送ることができず眼疾患・眼精疲労を生じやすくなります。気血がスムーズに流れるように調整をしていきます。

最後に、血を主る肝が疲労などで消耗すると、目まで栄養を送ることができなくなり、視力減退・眼精疲労を生じます。すなわち、肝血が不足した時は肝血を補うことで目も同時に回復します。また、肝は生命の源である「腎」と深い関わりがあります。その為、肝血が不足すると腎は腎精を血に変身させて肝血を補い、反対に腎精が不足すると肝は肝血を精に変身させお互い補い合うことで機能を維持します。これを「肝腎同源」・「清血同源」といい、眼疾患との繋がりもあります。

肝は目に開竅する

4つのタイプに分かれるよ!あなたはどのタイプ?

タイプ1. 肝血虚タイプ

原因と体質

肝には、「疏泄機能」と「蔵血機能」があります。「疏泄」は、体の各器官に気・血・津液がすみずみまで流れるよう、量や配分を調節します。また精神活動にも影響し、疏泄機能が正常であれば、気機は正常に活動し、気血は調和し明るくのびやかな気持ちなります。しかし、失調すると精神的変化(抑うつ、興奮など感情や気分の障害)が現れやすくなります。また、後者の「蔵血機能」により肝は、肝血の貯蔵、血量の調節をしています。

肝血虚タイプの原因は、血の生成不足(先天的な胃腸障害や虚弱体質、不摂生な食生活やダイエットなど)、慢性病、出血過多(出産)などでよく見られます。つまり、肝血不足になると、各器官に栄養を行き渡らせることが出来ず、さまざまな病変を引き起こすことになります。例えば、肝血不足体質の人が、携帯電話やパソコンなどを使用することで、更に肝血は消耗し、すぐ目の疲れを感じやすくなります。

肝血虚タイプの症状
症状 分析
顔や爪の色が悪い 肝血不足により、顔部や爪が栄養されないため。
爪がもろく割れやすい
二枚爪や縦すじが入る
貧血性、立ち上がり時めまい
頭痛(脹痛)
手足のしびれや筋肉のひきつり(こむら返り) 肝は「筋を主る」といい、筋肉の働きにも関係する。 手足の筋肉に栄養(血)を送ることができないため。
目の周囲のけいれん(ぴくぴく)
視力の減退・目の疲れ 肝は「目を主る」といい、目と密接に関係する。
目の乾燥・かすみ、目の異物感・とり目・夜盲症 肝血不足により、目や耳が栄養されないため。
耳鳴り(低い音・小さい音) 腎精は「耳を主る」。肝血不足により頭部を滋養できない。
月経過少・閉経 肝血不足のため月経量が少なくなる。
治療方法

血の生成を促し、目の滋養力を高める治療をします。

1.「補血養肝(ほけつようかん)」

血虚タイプは、血の生成不足(先天的な胃腸障害や虚弱体質、不摂生な食生活やダイエットなど)、慢性病、出血過多(出産)などにより各器官に行き渡らせる栄養(血)が不足しています。そのため直接肝血を補い調整します。

2.「補気養血(ほきようけつ)」

補気養血

血の生成には2つの「気」の働きが重要です。1つ目は私達が摂取した栄養から生成される「水穀の気(営気)」で、「脾」と密接な関係があります。2つ目は、空気(酸素など)を取り込むことで生成される「清気」で、「肺」と密接な関係があります。この2つの気が結合することにより「宗気」となり、胸中に集められます。また、宗気は、視る・聴く・言う・動くといった全身機能を調整しているため、「目で視る力」にも関与することが分かります。
このように、気は血と密接な関係があるため、気が不足すると、血の生成は低下してしまいます。そのため、脾胃の運化機能を高めることで気(営気+清気=宗気)を補い、消化吸収作用・血の生成力と輸送・分配を円滑にさせ、水穀の気(営気)を補うことで間接的に目を滋養し治療します。

3.「滋陰養血(じいんようけつ)」

肝と腎はお互いの機能を補うことで調整しています。肝血が不足すると腎は腎精を血に変身させて肝血の役割を担います。反対に、腎精が不足すると肝は肝血を精に変身させて腎精の役割をします。このことを「肝腎同源」・「精血同源」といい、お互い補い合うことで機能を維持している為、どちらかの機能が不足・低下した時は、肝血・腎精ともに補うことで全身のバランスを調整し、目の疲労も改善します。

滋陰養血

*豆知識*
身近に摂取できる食材…「黒豆・ほうれん草・枸杞(クコ)の実」試してみて下さい!

タイプ2. 肝陽亢進タイプ

原因と体質

肝陽亢進は、下記の絵のように「肝陽上亢タイプ」と「肝火上炎タイプ」の2つのパターンがあります。
体に何らかのストレス(過労、飲食不節、加齢、慢性病、房事過多など)が体に加わることで、中医学で言う、「内火」という火が体内に生じます。1.陰陽のバランスが正常の場合、「内火」が生じると、身体の余分な火を「津液」という、身体を潤す水が火を抑えてくれます。
しかし、バランスが崩れると…。

原因と体質

「肝陽上亢タイプ」
  1. 内火で体の中の水(津液)が消耗し、不足します。水が不足している為、より火は燃え上がり、暖かい空気が上へのぼる性質があるように、体内で発生した火も上半身にたまり上から下へと下がれなくなります。気の流れが上方向に一方通行となります。気血の循環不全が眼精疲労や顔面頭部症状(顔面紅潮・のぼせなど)をおこしやすくさせます。
  2. 加齢、房事過多(陰虚がベースにある)などにより、体内を潤す水が不足し体の火を抑える事が出来ずに、火は燃え上がり、気の流れが上方向へ一方通行になり肝陽(内火)が勢いを増すタイプです。こちらも気血の循環不全が眼精疲労や顔面頭部症状(顔面紅潮・のぼせなど)をおこしやすくさせます。
1 、2 共通
また、「肝」は、目に開竅すると言われており、一方で「筋」を主るとも言われます。「肝」の失調は、「筋」の失調にもつながり、「目の筋肉を使う遠近調整・視力」にも「肝」が関与し、目と密接な関係にあります。気の流れが上方向へ一方通行になると目を養う機能も低下し(肝不栄筋・肝不栄目)眼症状が現れる原因となります。
主な症状

「津液」が不足し、交感神経が高ぶった状態。

症状 理由
イライラしやすい 交感神経が高ぶり、精神活動のバランスが失調する。
めまい・耳鳴り(慢性的で高音) 水の不足により熱が強くなり、上部(頭・顔面部)に症状が現れる。
目の充血・頭痛(脹痛)
頬が赤く、ほてりやすい・のぼせる
不眠・多夢 交感神経の高ぶりで夜間脳が活動状態。リラックス出来ない。
足腰がだるく、力が入りにくい 精の不足で筋骨も養われないため。
舌紅・脈弦細数 体内の熱で舌は紅く、脈は熱の勢いで緊張し張った状態。
血管が細いが、血流量は同程度のため血流速度が速くなる。
のどが渇くがあまり飲めない 腎精・津液=水の不足で体内に熱が生じるため。脳や心臓の水の消耗が栄養不足を生じ各所の機能低下をおこすため。
手の平や足の裏がほてる・健忘・心悸
治療方法

滋陰補腎・平肝潜陽(じいんほじん・へいかんせんよう)

肝陽上亢は、体の中の水(腎陰)が不足することで、体内の熱(肝陽)が勢いを増します。その為、体の中の水(腎陰)を補うこと(滋陰補腎)で眼も栄養され、体内の熱(肝陽)を冷まし(平肝潜陽)上方向へ一方通行となった肝陽を下へ引っ張り、眼疾患(頭部顔面症状)を改善させます。

肝火上炎タイプ
原因と体質

体に何らかのストレス(過労、飲食不節、加齢、慢性病、房事過多など)が加わることで、中医学で言う、「内火」という火が体内に生じます。陰陽のバランスが正常の場合、「内火」が生じると、身体の余分な火を「津液」という、身体を潤す水が火を抑えてくれます。肝火上炎は、内火が盛んになりすぎることで「津液」が火の勢いを抑えることが出来なくなります。「津液」の量が正常なのに対し、火が強すぎて一定量の水では賄いきれない状態です。

主な症状

「津液」の量は正常。しかし、熱が強すぎで交感神経が高ぶった状態。

症状 理由
イライラしやすい 熱が強すぎることで交感神経が高ぶり、精神活動も失調。リラックスできない。
めまい・耳鳴り(突発的で大・高音)・目の充血 熱は炎上性があるため、上部(頭・顔面部)に症状が現れる。
頭痛(脹痛)・中耳、外耳炎・口内炎
顔が全体的に赤く、ほてり、のぼせる
口が苦い 肝症状は胆に影響する(肝胆相照)。胆の津液が熱により蒸発し、胆気が上がり口が苦くなる。
胸脇部灼痛 熱症状が胸脇部に鬱滞し、流れが悪くなるため。
不眠・悪夢 熱により頭部が充血し、イライラしてリラックス出来ないため。
鼻血が出やすい・吐血 熱により充血して流れが速くなっているため、血管を消耗し出血しやすい状態になる。
月経過多(鮮紅色)・経早 熱が血行を乱すため。
便秘・尿の色が濃い 熱により体を潤す水(津液)が消耗するため。
舌紅・脈弦数 肝経の実を表し、火が盛んなことを表す。
治療方法

清肝瀉火・鎮肝熄風(せいかんしゃか・ちんかんそくふう)

熱は下から上へ昇りやすい性質があり、東洋医学で言う「肝」も上向する性質があります。顔面頭部で燃え上がり、下に降りることができなくなった熱を直接取り去る治療をしていくことで、身体の中の「水と熱」のバランス(=気血)が正常になります(清肝瀉火)。また、上昇した内風(=熱)を鎮静させる治療をすると、「肝」の上向する性質も鎮静していきます(鎮肝熄風)。これにより疏泄機能が回復し、気血をすみずみまで行き渡らせることができるようになります。
内火が鎮静しバランスが整えば、おのずと眼精疾患も解消していきます。

肝陽上亢と肝火上炎の共通症状

張った感じのする頭痛、めまい、イライラして怒りっぽい、耳鳴り、目の充血

タイプ3. 肝気うっ滞タイプ

原因と体質

日頃ストレスを感じやすく、憂うつ感や気がつけばため息がでている。
これらの症状は、肝がもつ疏泄機能(=身体のすみずみまで気血津液をスムーズに巡らせる機能)が停滞しているために現れます。疏泄機能が低下すると、気・血・津液の流れも低下し、その結果、目まで運ぶことが出来なくなるため、眼疲労などの眼症状が現れやすくなります。

主な症状
症状 理由
抑うつ感・イライラ 気の巡りが停滞し、発散出来ないため。
また、停滞が長期間続くことで気の流れが動きにくくなり気分もすっきりしないため。
胸脇痛部・下腹痛(小腹部)張った痛み(膨満感を伴う痛み) 胸脇部・下腹部に気の滞りがおき、気血の巡りが低下するため。
閉経・月経遅延・月経不順 肝は月経周期を主り、気の停滞が肝の疏泄低下につながるため、気血が全身をくまなく巡らず瘀血が生じる。
治療方法
疏肝理気解鬱(そかんりきげうつ)
  1. ストレスが原因の気滞
    ストレスをためすぎると、肝のもつ機能である全身へ気血津液をスムーズに巡らす機能(=疏泄機能)が低下します。これが気のうっ滞を生じることで、さらに気血の巡りが低下していきます。

    【治療】肝の疏泄機能を高め、気血津液が全身にスムーズに巡ることで、眼も栄養されます。栄養が眼に行き渡る事で眼症状も改善されていきます。

  2. 気の推動作用低下による気滞
    人は「元気」がなくなると、やる気がおこらず活力も湧きません。これは、気が虚す(=低下する)ことで気を運ぶ力(=推動力)も低下し、その結果、さらに気の滞りがおきることで、目まで気血を運べなくなり、眼症状がおきます。

    【治療】 気を補い、気の推動作用を高め、気の流れをスムーズに巡らせることで、目まで栄養を運べるようになり、眼症状が改善されます。

以上のように、気滞ができにくい体質へ改善することで、少々のストレスにも耐えられるようになり、気滞が原因となる不調は起こりにくくなっていきます。

タイプ4. 肝腎陰虚タイプ

原因と体質

陰液とは、全身や各臓腑に、「潤い・栄養」を与え、肌の乾燥を防いでいるのもこの陰液です。「陰液」の「潤す作用・栄養」は、身体の血液や体液などを現わします。血液(肝血)や体液(陰液)が、何らかの原因(ストレス、疲労、飲食不節、加齢に伴う老化、慢性病など)で、消耗してしまうと、眼を潤し、栄養することができなくなります。また、体液(陰液)が消耗すると、少し身体に熱が発生しやすいので、より目を乾燥させてしまいます。このようにして、目の潤い・栄養がなくなり、ドライアイや栄養不足で眼精疲労が生じていきます。

*豆知識*
肝と腎は、お互いの機能を補いあうことで水(陰)と火(陽)の関係を維持し合っています。つまり、肝血が不足すると腎は腎精を血に変身させて肝血の役割を担います。反対に、腎精が不足すると肝は肝血を精に変身させて腎精の役割をします。このことを「肝腎同源」・「精血同源」といい、お互い補い合うことで機能を維持している為、どちらかの機能が不足・低下した時に眼症状が現れてきます。
主な症状
症状 理由
頭痛・めまい・耳鳴り(慢性的で小さな音、蝉が鳴くような) 精血不足のため、顔面頭部がうまく栄養できない。
身体が痩せていて太りにくい 精血不足で筋肉を栄養できない。
潮熱・微熱・手足がほてる・頬が紅い・盗汗 身体の水が不足して、身体の中で発生する熱を抑制できない(→虚熱)。そのため、身体のあちらこちらに虚熱による熱症状がおこる。
尿の色が濃い・少尿 虚熱のため、尿は濃くなり量は減る。
皮膚の乾燥・大便乾燥・舌紅・苔少・口渇少飲 陰液(水)が不足することで便の水分も不足して乾燥し、出にくくなる。
腰・下肢のだるさ 腎精不足により、足腰の精血も不足するため。栄養されずだるい。
治療方法
滋補肝腎(じほかんじん)

不足した肝と腎の陰液(:水分)を補うことで、身体は潤い、精血も充実します「滋補肝腎(じほかんじん)」。目も潤い、栄養されるため、目の乾燥が防止されします。また、上述したように肝は生命の源である「腎」と深い関わりがあり、肝血が不足すると腎は腎精を血に変身させ肝血の役割を担い、反対に腎精が不足すると肝は肝血を精に変身させお互い助け合うことで目の潤い(=陰液)を補い、充血等の眼症状を改善していきます。

滋補肝腎

疲れ目に効くツボですっきりパッチリ!1

デスクワークやパソコン、ゲームなどで目を酷使した時に最適なツボ。どんな症状の眼精疲労にも有効。気持ちのいい程度に、軽くゆっくりと押すのがポイント。

疲れ目に効くツボ

肝は気をスムーズに流れるように調節する機能と、血をプールする機能、月経血を供給する機能を担っている。

肝の気の流れがスムーズにいかないと、感情・気分の障害が出やすくなる。肝の血に関する異常が出る場合には、月経の異常が高率にみられる。胆は気の分配を支配しており、何か問題が起こると、病的な不安感や驚きやすさ・決断力の低下・ため息などの神経症状が現れる。

肝や胆の病態は、脾や胃の機能が抑制される形での影響が出やすいことが知られている。脾は消化吸収機能をコントロールし、全身の精気の原料を供給すると共に、全身に気や津液を配分する機能を担っているとされる。胃は脹管の総称と理解されている。

陰虚による眩暈

腎陰は一身の陰液の根本と言われます。臓腑、脳、髄、骨を滋養し、発育や生殖を維持します。また、身体の陽気の亢進を抑制し、身体に余分な熱が溜まるのを抑制します。

ストレスや慢性的な疾病、房事過多(過剰な性交)などにより、体内の津液を消耗・損傷して陰虚となり、血量も低下して血不足となります。そして上気(頚から上の気)が不足し、脳や髄等を滋養することができず眩暈が起こります。

みられる症状
  • 耳鳴り(蝉の声)
  • 足腰のだるさ
  • 手足のほてり
  • 頬紅(りんごのほっぺ)
  • 視力減退
  • 口渇少飲(口が渇くが多く飲めない)
  • 皮膚の乾燥
  • 舌の苔が少ない など
治則

滋補腎陰・滋陰降火

腎気を補い、腎陰を滋養することにより、津液は充実して、脳や髄を栄養します。また同時に血量も改善され血が全身にいきわたるようになります。脳や髄が栄養されると、上気も補われます。津液が充実すると、内熱も抑性され、頬紅や口渇少飲などの症状もおのずと治っていきます。津液が脳や髄を滋養して上気を補うことで、眩暈の改善になります。

肝腎陰虚

肝陰虚・腎陰虚→肝腎陰虚

ストレス、過労、飲食不節、加齢、慢性病、房事過多、熱性の薬物(抗生物質などの乱用)などにより肝と腎の津液が不足します。

肝と腎の津液が不足すると陽(熱9を制御できなくなり過剰に亢進します。過剰に亢進した陽(熱)はさらに津液を消耗させるので悪循環になります。
例えば車のエンジンとラジエターの関係に置き換えてみましょう。
エンジン(陽)が過剰に熱を持たないようにラジエター(津液)はエンジンを制御しています。
しかし、ラジエターの水が不足しているとエンジンを制御出来ず、過剰な熱を持ちます。その過剰な熱を冷却する為にさらにラジエターの水を消耗します。
このように津液が不足します。

陽(熱)は上に上昇する性質を持つ為身体の上部(頭、顔)を犯し、脳卒中を引き起こします。
津液が不足すると、皮膚は乾燥するように細胞の組織自体も水分を失うので、もろくなり損傷しやすくなります。血管の壁を作る細胞も損傷が激しいと出血を起こしやすくなります。また血管壁が剥がれて血管につまりやすくなります。

このタイプは、出血・梗塞・虚血性の脳卒中を起こします。

肝と腎…

肝は血を蔵し腎は精を蔵しています。
血が不足すると腎精を血に変えます。また反対に精が不足すると肝血を精にし、お互い補い合います。
この事を東洋医学では「肝腎同源」・「精血同源」と言います。

肝と腎はお互いに助け合い滋養しているので、どちらかの陰液が不足すると肝腎共に影響します。

肝腎陰虚(陰は不足、陽は正常)

人の身体には陰と陽がありお互いに増えたり減ったりしながら均衡を保っています。
この場合は均衡を保てず陰が不足になった状態です。

症状
  • 頭痛(隠痛・空痛)とめまい
  • 耳鳴り
  • 慢性的に起こる
  • 小さい音で低音、せみが鳴くよう
  • 動悸
  • 不眠(疲れて眠れない)、多夢
  • 健忘
  • 五心煩熱
  • 潮熱
  • 盗汗
  • 頬が紅い
  • 疲れやすい
  • 腰、下肢のだるさ
治療方法

滋補肝腎

肝と腎の津液が不足し細胞組織が水分を失いもろくなります。その結果血管の細胞も損傷しやすくなります。
肝腎の津液を補い、陰陽のバランスを正常にして細胞組織の水分を補う滋補肝腎の治療を行います。

肝は血を蔵し、腎は精を蔵し、お互い助け合い滋養しているので両方補います。
肝腎の津液を補い過剰に亢進していた陽(内熱)を正常にします。

また体内の水分が補充され、乾燥を防ぎ血管組織を潤います。
水分不足によりもろくなっていた細胞組織、血管壁も強化されます。

その結果血管の出血、血管壁が剥がれて血管につまるのを防ぎ出血・梗塞・虚血性の脳卒中を防ぎます。

弁証概要

概要

陰液不足によって生じる、全身あるいは臓腑に対する濡潤、滋養の機能失調を表わす証候です。
中医理論では、"陰"は血液や体液、臓器などの物質を概括してい ます。陰虚とは一般に血液・体液の減少や、慢性的な組織の障害をいいます。本証は慢性疾患が長引いて体力が低下した方や、生来の虚弱体質の方などにみられます。
陰虚は主に腎陰虚のことで、陰虚の程度が比較的軽い方は腎陰不足といいます。
陰虚の方は自律神経に混乱をきたして、ほてり感や熱感を訴えます。これを虚熱または陰虚内熱といいます。虚熱は自覚的な熱感や微熱であり、高熱はないです。高熱があるのは実熱といいます。
本証は肺結核や自律神経失調症などの慢性疾患によくみられます。

解説

陰虚内熱(虚熱)の状態とは、体力は消耗していますが、自律神経の興奮や精神の高ぶりのある状態をいいます。
そのために倦怠感はつよいですが、気が高ぶって眠れず、体のほてり、手足のほてり、微熱、寝汗、いらいらして落ち着かないなどがみられます。また、臓器のレベルでみると、例えば心臓の臓器としての力は低下したため、頻脈になった状態や、更年期や老年期で体力は低下したが、逆に血圧が上昇した状態なども陰虚証の証候にあてはまります。

対応現代名(今日的病名)

肺結核・自律神経失調症・糖尿病・便秘

病因病機

鑑別のポイント(血虚証と陰虚証の比較)
血虚証を特徴づけるのは血の不足によって生じる種々の症状。陰虚証を特徴づけるのは、陰虚内熱による症状がみられることです。

異なる症状 共通の症状
血虚証
  • 顔色蒼白あるいは萎黄
  • 唇や爪の色がうすい
  • 舌淡白
  • 身体がやせる
  • 眩暈(めまい)
  • 不眠
  • 舌少
  • 脈細
陰虚証
  • 盗汗
  • 五心煩熱
  • 潮熱・微熱
  • 頬骨の辺りが赤い
  • 舌紅
  • 脈数

病症

  • 【舌診】 紅・少苔(乾燥)
  • 【脈診】 細数(さいさく)

分析

  • 体がやせる
    陰虚による肌膚失養。
  • 眩暈(めまい)
    陰虚により頭目が滋養されない。
  • 不眠
    陰虚によって生じた虚熱が心神を乱し、心神不安をひき起こす。
  • 口や咽喉が乾燥
    津液不足により、口や咽喉が滋潤を失う。
  • 盗汗
    陰虚内熱による虚熱が津液を外泄させる。
  • 五心煩熱、潮熱、微熱、頬骨の辺が赤い
    陰津を損傷することによって、陰が陽を抑制できず、虚熱を生じる。
  • 尿の色が濃く、少尿
    津液不足による尿の化源不足。
  • 大便乾燥
    津液不足のため大腸が滋潤を失う。
  • 舌紅、少苔(乾燥)、脈細数
    陰虚内熱を表わす。

治法・・・補陰(養陰・滋陰・育陰・益陰)

治法説明・・・陰虚証を治療する方法です。

腎精不足が原因のタイプ

体内の陰液不足で生じる腎には、「腎精」を蓄えておく機能があります。東洋医学では、腎精には、「髄(ずい)」を生じる働きがあるとされています。「髄」とは、骨の内部にあり、「骨」に栄養を補給し、また、脳機能とも関係があります。腎精が先天的または後天的に不足することで(慢性的な疾病・肉体疲労・老化、房事過多)、「髄」も不足し、骨の弱体化や脳機能に支障を来し、これが「骨粗鬆症などのような転倒や歯がもろくなる、足腰がだるい」などといった症状や「認知症などのように物忘れや記憶力・判断力の低下」といった症状の他、「発育・生殖機能の減退・抵下」、「視力や聴力の低下」などの症状となります。

疲れ目に効くツボですっきりパッチリ!2

疲れ目に効くツボ

晴明(せいめい)

目頭と鼻のつけ根のくぼみ。デスクワークやパソコン、ゲームなどで目を酷使した時に最適なツボ。どんな症状の眼精疲労にも有効。気持ちのいい程度に、軽くゆっくりと押すのがポイント。

晴明

料金

全身治療

全身治療 1回 7,000円(毎回払い)
鍼治療+お灸 or 吸角(吸玉)
  1. 鍼は刺す鍼と、刺さない鍼が選択できます。
  2. 鍼治療なしで、吸角(吸玉)のみの治療もできます。
  3. 血流が滞っている場所には内出血ができます。

増毛コース

おすすめコース 頭・顔面部の血流をより改善するので、さらなる効果が期待できます。

増毛コース 10回券 48,500円(回数券制)
※加えて別途、全身治療代7,000円が毎回発生します。
※1回のみお試ししていただけます。(1回分4.850円+7,000円(全身治療分))

美顔コース

おすすめコース 頭・顔面部の血流をより改善するので、さらなる効果が期待できます。

5回コース 24,700円(加えて別途、全身治療代7,000円が毎回発生します。)
10回コース 47,000円(加えて別途、全身治療代7,000円が毎回発生します。)
ご注意
生理中や血が固まりにくくなるお薬を服用してる方は、顔に刺す鍼で内出血しやすいのでお申し出ください。また、健康な方でも、内出血する場合はあります。ご了承ください。また、全体の体質改善が必要な場合には、全身治療をご提案する場合もあります。

梅花鍼コース

おすすめコース 頭・顔面部の血流をより改善するので、さらなる効果が期待できます。

梅花鍼 1回 3,300円(加えて別途、全身治療代7,000円が毎回発生します。)
頭面部の治療

振圧式梅花鍼(写真のように先が丸くなっているので安心です)で顔のつぼを刺激します。つぼに最適な圧力、スピードで刺激します。刺さなくても、充分効果が期待できます。頭面部の血流がより改善されます。

患者様の声

緑内障(全身治療)

私が緑内障と診断されたのは去年の7月でした。

以前から私は視力も悪くて、目にアレルギーがありいつも眼科には定期的に行っています。

そんなある日、目薬をいつものようにいただきにいったところ、いつもより、検査項目が増えて、どきどきして先生の診察を待っていたら左目緑内障の初期と診断されました。

とても、驚きました。

別に普通に視野はありますし、視力はコンタクトをいれると1.0は見えていましたから、なんの不自由もありませんでした。

たまたま私が定期的に検診を受けていたから早い段階でわかっただけで、普通の人は気付かずにいるようです。
そして、気付いたときには視野が欠けていて気付くといった具合で病状も進行しているようです。

徐々に視野が欠けていくと聞いていただけに、先のことを考えるとお先真っ暗でした。
母のお世話も、主人の面倒も、いずれできるであろう孫の顔も見れないのか・・・
と落胆しました。

そんなときに高校の親友から「まり鍼灸院」を紹介していただきました。
半信半疑でしたが、友達のアドバイスどおりに通いました。

緑内障は目の周りの血流が悪いと言うことで目の周りに針とお灸もしていただき、初めは毎週通わせていただきました。

そして、眼科で検診を受けるごとに、今では進行していないことを確認でき、本当に安心しています。
それに、私は腰、膝も悪くその時々に痛い箇所もあるのですが、その都度、痛む箇所に合った治療をしてくださいます。

スタッフの方も熱いでしょうに、親切にお灸をしてくださいます。

まさしく、自分にあったオリジナルの診察を、最高の先生、スタッフで受けさせていただきているんだと最近通うのが嬉しくてなりません。


先生にもたれていけばこの状態からひどくならないでこの目とうまく付き合っていけるんじゃないかと思うと気持ちが落ち着き安心していられます。

そして、先生とお話ししているうちに私もゴルフしたくなって最近はゴルフレッスンまで受けるぐらい気持ちが前向きになってきました。

主人と二人でラウンドできる日を夢見て人生を楽しもうと思っています。
こんな明るい考えができたのも、まり先生と出会ったからだと感謝しています。
緑内障で悩んでいる方、最初は半信半疑かもしれませんが、一度任せてみられませんか?
きっと、「ほんわか」としたお灸と、「きゅん」とした針を気に入られることと思います。

そして、なにより、今よりもっと前向きで明るい生活を手にいられること思います。

緑内障(全身治療)【60代 女性】

いつもお世話になり、ありがとうございます。

先生に初めてお目にかかったのは、昨年の9月でしたよね。
娘が先生の治療を受けていてその評判はよく聞いておりました。
私の心が動いたのは、患者さんの中で私と同じような症状だった方が何人も快方に向かったということを知ったからです。

2009年の1月、結膜下出血で私は眼科を受診しました。その時、主治医から緑内障を患っていることを知らされました。肩こりや膝痛などで整形外科に通っていましたが、緑内障は晴天の霹靂でした。進行を遅らせ、現状維持がせいぜいであることも聞かされ、毎日点眼薬を忘れずにさし、年2回の視界検査を受けるという治療を受けていました。

初回時、中村先生が緑内障は神経が圧迫されている病気だから…といって、鍼灸術をほぼ毎週1回ずつ受けることになりました。もともと近視で視力はよくありません。
左目は雲がかかっていて、ほぼ見えていない状態ですが、明るさはわかります。
視力検査の時、円の上下左右のどこに切れ目があるかを判断して答えますが、その上下左右が見えなくて、ただ外側(左)の上半分の線が見えるだけでした。1月の下旬、薬がなくなって受診した時、一瞬でしたが右側の切れ目が確認できました。右と答えたものの、その後何度か瞬きをしても確認出来ず、「あぁ、またいつもと同じか…」と内心がっかりしましたが、いつもの雲の形と違って内側(右)の下の線が少し確認できるようになったと思いました。

いつもは気が重い視界検査でしたが、その日はとても受けたいと思いました。
しかし、それは次回ということになりましたので、次の受診日がとても待ち遠しく思います。
治療の時、目のまわりに鍼をしていただいておりますので、その日の夜、手鏡に写った自分の顔に鍼の痕がわかる時があります。たとえ、はっきり雲が晴れなくても、ぼんやりしてもいいから丸い円を確認できたら…と願っています。
今まで「眼圧は正常の範囲ですから…」と言ってくださった主治医が、前回は「眼圧は下がっていますから…」と言葉になりました。何か遠くの方に灯りが見え始めたような気がします。

まだほんの一歩を出しただけですが、嬉しくて先生にペンを執りました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

患者様の声はコチラ

よくある質問

Q1. 目が疲れているのですが、顔に鍼をするのは怖いです。

眼精疲労のときお顔に鍼をするだけではなく、ご希望に添えて顔以外の頭などに鍼灸治療をさせていただきます。

Q2. 眼精疲労に鍼灸治療は効果がありますか。

症状の程度によって異なりますが、数回の鍼灸治療で改善する方もいらっしゃいます。鍼灸治療でご自身の自然治癒力を高め、今まで辛かった眼精疲労も、お身体を休めるだけで感じにくい体質に改善されていきます。

よくある質問一覧はコチラ