大阪市の外反母趾の鍼灸治療は大阪市天王寺区のまり鍼灸院|女性鍼灸師で安心

menu

外反母趾

外反母趾で足が痛む方。
外反母趾から起こる
腰痛、頭痛、ぎっくり腰などに
効果を発揮します。

外反母趾とは

足の親指が小指の方に曲がっていく症状の総称。

概要

母趾のつけ根にある深横中足靭帯が伸びたり、緩んでしまった上に靴など履物によって締め付けられることで、親指が小指側に曲り変形した状態。第一中足骨骨頭の突出部に強い痛みを生ずる。足に合わない靴を履いている場合になりやすく、女性に多く見られる。特に先端の狭い靴や、かかとの高い靴を長時間履いている場合になりやすいと言われている。幅の広すぎる靴を履くことにより足が前に滑り、捨て寸の部分につま先が入り込んで圧迫される発症するものや、足の内在筋の弱化などのケースがある。骨格変化に第一中足骨の内反、母趾趾節骨の外反が認められると共に、足の横アーチが減少する。症状の進行によって痛みを覚え、歩行や起立のたびに痛みを感じるようになる場合がある。子供や男性にも発生する。症状によって以下の4期に分類される。

  • 可逆期(代償期)
    親指の外反が、靴を脱ぐ、マッサージした場合にもとに戻る状態。
  • 拘縮期(非代償期)
    関節の炎症等が起こり靭帯などが固まってもとに戻らない状態。
  • 進行期(悪期)
    外反が自然に進行し、立っているだけでより外に曲がって行く状態。
  • 終末期
    親指が他の指に重なり、親指の関節が脱臼したような状態。

また親指の曲がった角度(外反母趾角)で症状の重さが分類される。

  • ~15度 - 正常
  • 15~20度 - 軽症
  • 20~40度 - 中程度
  • 40度以上 - 重症

外反母趾でこのようなお悩みの方

  • 外反母趾でお悩みの方
  • 外反母趾が原因で腰痛が起きる方
  • 外反母趾が原因で肩凝り、頭痛が起きる方
  • 外反母趾で靴が履けない方

選ばれる理由

  1. 治療前、治療後で外反母趾の痛みが改善します。
  2. 数字に裏付けされた効果があります。
  3. 治療すればする程、外反母趾の症状が軽減します。
  4. 根本的に体質から改善するため、治療効果が維持されます。
  5. 外反母趾の痛みは徐々に出にくくなります。
  6. 当院の院長が、鍼灸の大学で講義をしています。

鍼灸治療

外反母趾

鍼灸による外反母趾治療では、痛みの緩和と症状の悪化を防ぐことができます。
短期間で痛みが和らいだり、また西洋医学との組み合わせにより相乗効果が得られやすくなります。

料金

全身治療 1回 7,000円(毎回払い)
鍼治療+お灸 or 吸角(吸玉)
  1. 鍼は刺す鍼と、刺さない鍼が選択できます。
  2. 鍼治療なしで、吸角(吸玉)のみの治療もできます。
  3. 血流が滞っている場所には内出血ができます。

体験談

外反母趾による痛み、消化器手術後の後遺症 【M.T様】

3年前、外反母趾で両足の親指がはれ上がり、中足骨骨頭痛となりました。
私の場合は、親指の付け根の骨頭部が大きいためでした。
その時、整形外科の先生に鍼灸を試してみては?と勧められました。
しかし、「熱い、痛い、とんでもない」と思いました。
痛みは改善されず、1年が過ぎました。
あまりの足の痛みに耐えかねて、「まり鍼灸院」へ行く決心をしました。
ところが治療を受けてみると、驚くことなかれ、「熱くない、痛くない、気持ちの良い鍼治療でした。」悩んだ痛みもうそのようになくなりました。

また、昨年8月に消化器の手術を受けました。
術後の立ち直り、体力回復の為治療を受けた結果血液の循環が良くなり、体内の自然治癒力が活性化して、徐々に食欲が増えてきました。
血色もかなりよくなりました。
鍼灸は本当にすばらしいです。
現在も健康維持のため、治療を継続中です。

外反母趾 体験談はコチラ

よくある質問

Q1. 慢性ですが、効果はありますか。

鍼灸による外反母趾治療では、痛みの緩和と症状の悪化を防ぐことができます。短期間で痛みが和らいだり、また西洋医学との組み合わせにより相乗効果が得られやすくなります。

Q2. どの部分に鍼を打つのですか。

全身治療を中心にさせていただいて、外反母趾の周りにお灸をさせていただきます。

よくある質問一覧はコチラ