小児鍼による効果-睡眠症状の検討-|小児鍼,2016年 第67回 日本東洋医学会学術総会|学会発表|大阪市天王寺区のまり鍼灸院

menu

学会発表

2016年08月04日

小児鍼による効果-睡眠症状の検討-

第67回日本東洋医学会学術大会にて、今年度も当院院長の中村が発表をしてきました。
今回は小児鍼三大症状のひとつである、睡眠症状(夜泣き・寝つき・途中覚醒)について、小児鍼の効果を検討しました。

小児鍼三大症状って?

1.夜泣き・途中覚醒などの『睡眠症状』、2.キーキー声を出す・イライラなどの『カンムシ』、3.アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎などの『アレルギー』です。
来院時の主訴の中で『睡眠症状』が36.5%と最も高く、次いでアレルギー23.1%、カンムシ19.2%という結果となり、『睡眠症状』で悩まれている方が最も多いです。

また、『睡眠症状』の中では、1:途中覚醒、2:寝つき、3:夜泣きの順に多いです。

小児鍼4回後の治療効果と満足度は?

治療を受ける前と比べ、途中覚醒・寝つき・夜泣き、どの症状においても、有意な改善がみられ、治療5回の満足度も、82.9%と非常に高いです!!

保護者の方からはこんなお声を頂いています!

  • 治療後は落ち着いてよく眠ってくれるので助かっています。
  • 機嫌が良い日が増え、夜泣きが激減しました。
  • 小児鍼を楽しみにしています、鍼の後はいつも気分が良くニコニコです。

まとめ

今回の調査の結果、鍼灸治療により睡眠症状(夜泣き・寝つき・途中覚醒)の程度は、4回の施術で有意に改善し、保護者様の満足度も非常に高いことがわかりました!
お子様の睡眠症状やカンムシは、検診では“健康”と診断され、自宅で様子をみる事が多く、辛い日々を過ごされている方が多くいらっしゃいます。今回の結果は、そんなお子様や保護者様の心と体の強い味方となる良い結果となりました。
今後は、睡眠症状と生活環境の関連性などの効果を検討し、小児鍼の効果をより多くの方に知っていただけるよう精進して参ります。

大阪市まり鍼灸院の鍼灸治療 小児鍼治療はこちら